文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ) リヒトラブ クリヤーケース 再生オレフィン製 A5判 F-72SM 藍 1枚入 〔×10セット〕

では、どうすればいいのでしょう。

Newshe Engagement Wedding Band Eternity Ring Women 925 Sterling Silver

メンズ アルペンハット ミラショーン 50代 60代 70代 紳士 春夏 milaschon ベージュ 父の日
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は三角パンツ(藍絞り染め)

 

 

【ポイント10倍】【直送品】 サカエ 重量キャビネットSKVタイプ(W880×D450mm) SKV84-1072ANG (152852) 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】


振袖 豪華 金駒 金彩 紋意匠 身丈 169cm しつけ糸付き