文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SONY FE 85F1.8 レンズフィルター付き

では、どうすればいいのでしょう。

美品❤️Bark レディース S ファーダッフルコート バーク

限定1個 RAYQUAL NFG SaE 高級国産マウントアダプター
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はスマートラック NSTR-747 間口700×奥行450×高さ2100mm 6段

 

 

Anya Hindmarch Recycled Nylon Tote Bag Eyes


インテリア 壁掛け 壁絵 アートパネル アートボード リビング 寝室 ダイニング フォト風 植物 ホワイト ベージュ グリーン ピンクおしゃれ 大人空間/[ahb80]