文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

スリム キッチンカウンター/キッチン収納 (幅100cm ダークブラウン) ステンレス スライドテーブル付き (キッチン 台所)

では、どうすればいいのでしょう。

Movado レディース ボールド セラミックウォッチ クリスタルセット ドット付き ピンク/シルバー (モデル:3600536)送料無料

(まとめ)桜井 インクジェット用再生紙70白24インチロール 610mm×50m IJR77Y 1箱(2本)(×3)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はダイハツ 触媒 KFエンジン

 

 

Allparts ( オールパーツ ) TB-0033-001 Nickel Vintage 6 Saddle Bridge for Telecaster [6018]


【国内発送】TOD'S★バイカラー ショートブーツ