文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

14K ソリッドゴールド 5mm ジュエリー キュービックジルコニア 幾何学的 3D ブラック 三角形 ピラミッド イヤースタッド ポスト ボール ピアス 女性用 敏感な耳

では、どうすればいいのでしょう。

日本製 SUS流し台 600タイプ L-5001

SALOMON〔サロモン スキー ゴーグル〕<2022>LO FI SIGMA 21-22 旧モデル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSale! 入手困難!!UNISEX Adidas Superstar 非対称-白黒

 

 

HAYASHIGO 林五 鹿革 ディアスキン ビジネスバッグ ブリーフケース


Jaguar S Daily Classic Ladies Watch J671/4 並行輸入品