文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

PIERIA 充電式フォールディングファン FBV-193B(OL)

では、どうすればいいのでしょう。

山根慶丈 イラスト画集 ZIN

宝塚歌劇 花組公演 巡礼の年 リスト・フェレンツ、魂の彷徨 ペアチケット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は丸五 長靴 スパイク マジカルスパイク U-960 24.5cm ブルー

 

 

ステップ2 アーチウェイ フォールズ ウォーターテーブル 水遊び 玩具 遊び場


カナダ軍 80sウィンドオーバーパンツ カーゴパンツ 軍物