文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

[オークリー] ゴーグル 0OO7104 Matte White ONE SIZE

では、どうすればいいのでしょう。

【LMFA075B3GEG1G LDSFA075CC◆D(N/S)1● ハイクラス】 TOTO 洗面化粧台 オクターブ 幅750mm 2段引き出し 3面鏡ベーシックLED(高1800mm対応) яб∠

【代引不可】 サンドビック コロターン107 旋削用ポジ・チップ 2015 【DCMT11T308MM】 (10個入り)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【PRADA】ブラッシュドレザー ローファー★ブラック★クラシック

 

 

ブルックス Brooks メンズ ランニング・ウォーキング シューズ・靴 Cascadia 16 Oyster Mushroom/Alloy/Orange


オーガニックコットン★アンソロポロジーお洒落なデニムベスト