文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

1/6 ホットトイズ スーパーマン

では、どうすればいいのでしょう。

(特価)ヴァイスシュバルツ構築デッキ ハルヒ軸 合計50枚+おまけ

ミシュラン メタルコレクション
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はアーバンブリス レディース シャツ トップス Urban Bliss Plus check shacket in green

 

 

JIMMY CHOO ジミーチュウ HAWAII HI TOP/F スニーカー レザー


【P10倍】【直送品】 サカエ 中量キャスターラックGKR型(ゴム車・自在2コ、固定2コ) GKR-8154WGK (209864) 【個人宅配送不可】 【特大・送料別】