文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アメリカ人気キャラクター レコード 海外セレクション Kanye West - College Dropout 2x LP Vinyl NEW

では、どうすればいいのでしょう。

こいのぼり キング印 鯉のぼり 3m〜7m用 名前2種(片面ずつ) キング印専用 名前入れ作業代金 ym-kamon3-7m-06

並行輸入品 Funko Five Nights at Freddy's 5-inch Series 1 Action Figures (Set of 5)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSchon (ショーン) キュー CX-51 ハードロックメープルシャフト装備 SCN-SCHCX51

 

 

S/絶版/未使用新古品/楽譜/REM/レム/ベスト/タブ譜/バンドスコア


【送料無料】OSG MG-EDS OH1 10 超硬エンドミル 2刃 ショート(OH1)