文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

女たちの忠臣蔵~いのち燃ゆるまで DVD 希少 極 入手困難 橋田壽賀子

では、どうすればいいのでしょう。

マフェックス No.033 MAFEX HARLEY QUINN『SUICID…

ヴァイス アサルトリリィ8枝 デッキ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【国内正規品】RODE ロード NTG3 コンデンサーマイク NTG3

 

 

21FW ☆ [LOW CLASSIC] / SLIM SILK TROUSER / LIGHT KHAKI


トム ブラウン Thom Browne メンズ ニット・セーター トップス Four Bar-Intarsia Merino Sweater Grey