文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ダイワ(DAIWA) 船竿 アナリスター73 80-265 釣り竿

では、どうすればいいのでしょう。

ジッラ ZILLA バッグ ショルダーバッグ CANVAS WANDER BAG 全3色

Naturehike 綿布天幕タープ 防水タープ日焼け 耐引裂性耐久性軽量 ポータブル 防水性 シェード キャンプ ハイキング 収納バッグ付 (Ple
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はルイヴィトン LOUIS VUITTON ブルゾン Aランク.

 

 

ホットトイズ ファルコン キャプテンアメリカ ウインターソルジャー版


大昭和精機(株) NBC コレット NBC6-1.10-AA (460-9042) 《ツーリング工具》