文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

karakoram カラコラム FLEX-LOCK フレックス ロック

では、どうすればいいのでしょう。

ぴくるす!!様専用 アナスイ腕時計 レディース 星柄

スノーボード ビンディング BURTON CARTEL Mサイズ 26~28cm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は柳宗理デザインの調理器具 ステンレス両手鍋22cm(つや消し 深型)

 

 

パナソニック iDシリーズ ベースライト 40形 スリムベース LED 昼白色 調光 XLX440SENPLA9 (XLX440SENTLA9 後継品)


TAKE-UP - TAKE-UP セカンドピアス アメジスト K18