文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Lotus Women's Quartz Watch with Gold Dial Analogue Display and Stainless Steel Gold Plated Bracelet 18135/1 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

パナソニック 炊飯器 1升 IH式 ブラウン SR-FD180-T

(直送品)TRUSCO オールステン台車 コーナーC付 800X450 φ100導電U AS-3B-100DU
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はジェイトリップ メンテナンス リアスタンド

 

 

カーペット おしゃれ 安い ラグ 150cm×100cm マット ノルディック 洗える 星柄 夏用 ストライプ 北欧 幾何柄 送料無料 滑り止め


Rin様☆オーダーご確認用 ベビーカー用 フロントカバー ハンドメイド