文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

反射うちわ文字 藤原丈一郎 ファンサ文字 オーダー 動物 なにわ パネル

では、どうすればいいのでしょう。

コンパクトポータブルベビーベッド

ナイキ エアズーム ペガサス38 フライイーズ 4E 26
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はパナソニック 換気扇 脱衣所 暖房 衣類乾燥機 壁取付形 局所換気用 セラミックヒーター 1室換気用 涼風 換気 FY-13SW5/srm

 

 

せれぶぅ様 専用‼️


エーテック A-Tech 128GB Kit (4x32GB) Memory RAM for Supermicro SYS-1029U-TR4T - DDR4 2 送料無料