文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

475-8V-10 NBK 鍋屋バイテック ウェッジプーリー 8V型 10本掛 プーリー 下穴品 加工なし 8V・8VXベルト適用

では、どうすればいいのでしょう。

トランスフォーマー LG51 ターゲットマスターダブルクロス

ロックマン 腕時計 Locman スチール R クロノグラフ ホワイト ダイヤル メンズ 腕時計 LO-242WHRD1BL
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はBVLGARI ブルガリ メガネ 眼鏡 度入り

 

 

インプラス FIX窓 一般複層型ガラス(不透明) W:200〜500mm × H:1,001〜1,400mm 内窓 二重窓 LIXIL リクシル TOSTEM トステム


振袖 豪華 金彩 紋意匠 身丈 166cm 撥水加工済