文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

茶道具 抹茶茶碗(まっちゃちゃわん) 利休七種茶碗 長次郎写 早船 茶碗 佐々木 昭楽 作

では、どうすればいいのでしょう。

パジャマ 繻子織りシルク生地 パジャマ シルク100% パジャマルームウェア レディース パジャマ シルクパジャマ 部屋着 0170

【★秋冬新作】最新型可愛いのびのびシルクプリント長袖パジャマ632014wbq15人気の売れ筋商品!【送料無料】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSyrp Genie mini (2台)& PanTilt Bracketセット

 

 

絹本 白 91×182cm CD11-4


ティファニー レターセット