文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【直送品】 サカエ ステンレスニューパールワゴン(高さ調整タイプ・SUS304) PBR-03SUT (82751) 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】

では、どうすればいいのでしょう。

[RPコモノケ-ス291WX_1365511] らくパット収納専用小物ケース LIXIL・サンウエーブ

クニペックス KNIPEX エレクトロニクス精密ニッパー 7942-125
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はブラック レザー バイカー ブーツ 【FENDI】

 

 

ショット レザージャケット ジャンパー ボアジャケット ボア襟 ブラウン USA


[CASTELBAJAC(カステルバジャック)] ショルダーバッグ Domine(ドミネ) 024111 (ホワイト)