文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ヴィンテージ ビンテージ 古着 パッチワーク 革 レザー ジャケット コート

では、どうすればいいのでしょう。

[ミル様専用]blugirl ブルマリン ピンク レースニットカーディガン

80~90’s ユーロ ヴィンテージレザーJKT MADE IN ITALY 黒
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【代引不可】 日立ツール エポックパワーミル L刃 コーナーR EPPL4120−30 【EPPL412030】

 

 

明治 ほほえみ 2缶パック×3 赤ちゃん用 ミルク


【Paul Smith】ポールスミス PS-9198 col.S メガネ 度付又は度無レンズ標準装備 【正規品】【送料無料】メンズ レディース ユニセックス 日本製