文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

10L0L ミニデスクトップゴルフボールペンスタンド ゴルフペン付き 2点セット ゴルフお土産 ツアー お土

では、どうすればいいのでしょう。

ベッドフレーム 収納ベッド シングル 長く使える国産頑丈大容量跳ね上げ収納ベッド 羊毛入りゼルトスプリングマットレス付き 縦開き シングル 深さラージ

富士フィルム FUJI LTO Ultrium5 データカートリッジ 1.5TB LTO FB UL-5 1.5T JX5 1パック(5巻)もしも
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はナイキゴルフスパイクレス

 

 

【送料無料】 ビーエムクリエイションズ スズキ ジムニー JB64 18 ブリスクブルーメタリック 右ハンドル 1/18スケール BM18B0019


レアル・マドリード ユニフォーム