文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【新品未使用未開封】スマートライトポップインアラジン2

では、どうすればいいのでしょう。

結婚式 ブライダル フォトフレーム まとめ売り ウェディング ウェルカムスペース

ジルサンダー JLLLSANDER スラックス マルニ marni
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【ジュエリーケース付】【合計 0.1ct】上質な大人の輝き♪憧れのスリーストーン天然ダイヤネックレス 極上のシャンパンカラー《TTLBカラ―ダイヤ》

 

 

【早割振袖SALE!】正絹❀振袖5点セット(F-006)


東リ フフル オーダーカーテン&シェード MUSEE DES TISSUS DE LYON リヨン織物美術館 TKF20164・20165 プレーンシェード ドラム式(PA) 幅50×高さ100cmまで