文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

カードスリーブセット 「コードギアス 反逆のルルーシュ 軍服セット」 フロンティアゲーム/illust:嵐月 コミックマーケット91

では、どうすればいいのでしょう。

カーテン&シェード シンコール abita Natural / ナチュラル AZ-2151〜2152 ベーシック 約1.5倍ヒダ 幅600x高さ100cmまで

Transformers トランスフォーマー Starscream Bust フィギュア 人形 おもちゃ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は大人の逸品◆スペイン発Massimo Dutti◆クロスホルタートップ

 

 

STUSSY Seersucker Cargo カーゴパンツ タイガーカモ


ETRO Clothing / Knitwear (AB011599)