文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Raichle(ライケル)サーモインナー

では、どうすればいいのでしょう。

【ジャンク品】デロンギ マグニフィカS ECAM23120

DIY ハンドメイド Gummy wax 自立型ジェルキャンドル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【個人宅配送不可】 エスコ EA643BC-6 直送 代引不可 24x27mm 両口スパナ ノンスパーキング EA643BC6【キャンセル不可】

 

 

sale!! 国内発送☆ PUMA SUEDE MAYU スエード☆ 黒/ホワイト


【直送品】 アズワン 卓上型超低温槽用ステンレス架台 2-6834-15 《研究・実験用機器》 【特大・送料別】