文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【Alice+Olivia 】フェイス ジップ フロント カーディガン

では、どうすればいいのでしょう。

【Max Mara】"Borsets"カーフレザー ロゴショルダーバッグ/black

【新モデル!】Louis Vuitton ポルトフォイユ・ヴィクトリーヌ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【COACH】レディース腕時計 ブレスレット型

 

 

[モレスキン] モレスキン バッグ クラシックスリムメッセンジャー ビジネスバッグ クラシックスリムメッセンジャーバッグ マッドグレイ


【期間限定値下げ】兵隊やくざ DVD-BOX 上巻〈4枚組〉 未開封1本あり