文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【代引不可】 MAKI ベルトコンベヤベルゴッチ(スタンダード)SI 幅350機長8M変速 【TYPE34SI3508000H2B90】

では、どうすればいいのでしょう。

三菱 PSF-40-C 有圧換気扇用フィルターユニット 交換用予備フィルター 5枚入 [□]

A-Tech 16GB Kit (2x8GB) Memory RAM for Supermicro X9DBS-F-2U - DDR3 1866MHz
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は茶道具 玄々斎好 棗 三種〔美品〕

 

 

Rawlings Sure Catch Glove Series | T-Ball & Youth Baseball Gloves | Right H


FLUX DS Mサイズ 19-20モデル