文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

BIBA★半袖 ミモレ丈 フロントボタン ベルト付 ワンピース★花柄

では、どうすればいいのでしょう。

kate spade new york☆Cross-body bags

【VALENTINO】ブラック スタッズレザースニーカー 残り僅か 人気
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はARTUMES&Co. RAVOCARTU コットンドリル トラウザー

 

 

ふすま【襖】からリフォーム 室内ドア クローゼット扉 4枚折戸 建具 上レール 両サイド固定式 開口幅1200-1820 高さ1831-2140 オーダーサイズ


ZOJIRUSHI NP-GG05-XT 2015年製