文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

たのメル便 SHARP AQUOS テレビ 0417え5 B1

では、どうすればいいのでしょう。

★かみや★さん専用 日立IH圧力炊飯器 RZ-V100EM(K)(日本製)

アクアスキュータム トレンチコートライナー付き 80、90年代
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はマルニ MARNI レディース カーディガン トップス Cardigan Bright blue

 

 

【21AW新作☆】CELINE オーバーサイズ セーター


Astro Boy The Movie: 3 3/4 Inch Action Figure - Metro City Soldier Robot フィギュア ダイキャスト