文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

PT900プラチナ ペンダント ネックレス イニシャル アルファベット 「 N ] 頭文字 ローマ字 ダイヤモンド 天然石 誕生石

では、どうすればいいのでしょう。

【セット買い】FUJIFILM ワイドフォーマット用スマホプリンター"チェキ" instax Link WIDE モカグレイ INS LINK WIDE M GRAY

福富士 業務用 収納スチールラック 全段ボルト式 70kg 横幅60 奥行60 高さ180cm 4段 RCN70-18066-4 l 同梱・代引不可
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は◆SEIKO◆ ソーラーステンレス腕時計 グリッターシルバートーン

 

 

専用ページ♡キルティングジャケット


LUNDBY Smaland Dining Room Set