文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【直送品】 サカエ パーティション PAK-35T (61121) 【特大・送料別】

では、どうすればいいのでしょう。

MMアート 淡墨桜(越天楽) 広森雄(本号/雄三)絵画 P20号 開運 アート

ネックレス アクアマリン 3月誕生石 ベビーリング エンジェル 天使 パワーストーン K10ゴールド 10金
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は秋子様 カルティエ セカンドバック クラッチバック

 

 

StorelliスポーツYouthノースリーブフィールドPlayerシャツ M


【動作良好】ダイソン Cool タワーファン AM02