文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

こたつ天板のみ こたつ板 コタツ板 長方形 ケヤキ突板 片面 120×90 国産 送料無料 在庫はお問い合わせ下さい

では、どうすればいいのでしょう。

【代引不可】 ミドリ安全 新ラバー2層底安全靴 RT725ブラック 24cm 【RT72524.0】

コタツテーブル KT-113NA(ナチュラル) KT-113BR(ブラウン) 長方形 角型 幅130cm 奥行き60センチ 継脚式 ヘリンボーン リビングテーブル おしゃれ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は朝日木材加工 テレビ台 GD style 60型 幅140? アッシュグレー 収納付き キャスター付き AS-GD1400H

 

 

〖No.28 ドーナツ〗オーダー専用ページ


PT900 ダイヤモンド ピアス/イヤリング H