文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

換気扇部材 東芝 RM-970MPS レンジフードファン用 前幕板(同時給排気用) [■]

では、どうすればいいのでしょう。

シンコー作業台〈キャスター付〉 間口750×奥行600(片面引出・四方枠)【WDZC-7560】

空調服 長袖 3点セット バッテリー ファン 急速AC充電アダプター ケーブル 帯電防止素材 8時間対応 長袖ブルゾン XEBEC ジーベック XE98007 S〜5L
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は美品 ノースフェイス ダウンジャケット 700フィル レディースL

 

 

(まとめ) シヤチハタ スタンプインキゾルスタンプ台専用 大瓶 緑 S-3 1個 〔×10セット〕


ルイヴィトン シャンゼリゼ ネクタイピン 未使用品 シルバー