文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

AUC コバルトVLポーターブルバンドソー 1560-10/14P(5本入)

では、どうすればいいのでしょう。

トラスコ中山 tr-3555500 【10個セット】バーコ マシンソー 350X25X1.25mm 6山 (tr3555500)

クロコダイル 長財布 型押し メンズ 財布 本革 大容量 牛革 ラウンドファスナー 多機能 ワニ 柄 風水 金運 UP
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はBUNDOK ソロティピー1TC カーキ

 

 

ダイジェット 頑固一徹 MSN-M16-105-S32C


ビクトリー様専用