文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

エルメス/HERMES Hバックル リバーシブルベルト レザー ブラック ブラウン 全長81cm シルバー金具 20031979MY

では、どうすればいいのでしょう。

LiONCooler X40A Battery Power Solar Fridge Freezer with Solar/AC/Car Rechar

アズワン(AS ONE) アズノール滅菌シャーレ φ90×15mm 10枚×50袋入 GD90-15 1箱(10枚×50袋入り)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はLevi's x New Balance 327 Womens WS327LVA デニムパック

 

 

ABAHOUSE - 【ブルーグレー】【セットアップ対応】ジャージー トラックパンツ


インスタで話題☆SEE BY CHLOE☆Laetizia トートバック