文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ジェイスライド レディース スニーカー シューズ Women's Noca Leather Platform Sneakers

では、どうすればいいのでしょう。

5年保存 非常食 おかず UAA食品 美味しいやわらか食 根菜のやわらか煮 スマイルケア食 介護食 50袋セット

ロールアップ ドラムキット 電子ドラムセット シリコン ポータブル USB充電式 スピーカー内蔵 10パッド フットペダル付属 おもちゃ ◇CHI-MD-706
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【商談中】EMAKED エマーキッド まつげ美容液 2ml

 

 

●(送料無料)(代引不可)ダイケン ポスト 集合郵便受 CSP-114D「他の商品と同梱不可/北海道、沖縄、離島別途送料」


【新品4K】 ダイ・ハード 製作30周年記念版 スチールブック2枚組(吹替収録)