文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

2020年度モデルパロマ ラ・クックグランセット PGDL-40R(サングリアレッド)

では、どうすればいいのでしょう。

特別価格Sephlin - レディ・ジェイド ピンク ガールズ 左利き用 7ピース ゴルフクラブセット&ゴルフバッグ 対象年齢6~10歳 2.0歳好評販売中

【ポイント15倍】【直送品】 山金工業 パーツハンガー 間口600サイズ 移動式 片面用 HPK-0613C-YD 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★マキタ 充電式ファン CF102DZ (首振り機能付き) 新品

 

 

チャムス アウター Camping Boa Parka Black L


Moncler【モンクレール 】◆ ハイエングレインコート