文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ZeusPlus ゼウスプラス ライト型 防犯カメラ セキュリティーカメラ 工事不要 取り付け簡単 充電不要 コードレス 屋外 屋内 家 リビング キッチン 玄関

では、どうすればいいのでしょう。

プラスチック アクリル 切板(透明) 板厚 20mm 150mm×450mm

三菱 旋削中切削用SRブレーカ付左勝手インサート サーメット NX2525 10個 DCET11T301L-SR:NX2525
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★大人気★Mm6 maison margiela★ロゴ入り シャツワンピース

 

 

海外セレクション ダイヤモンド スターリング シルバー ダイヤモンド アクセント #1 MOM Star スライド ペンダント


【Anthropologie】タートルネック スウェットシャツ