文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Sweet Home Collection スキッドマイクロドットラバーバック タフテッド 16インチ x 16インチ x 3.25インチ 厚手

では、どうすればいいのでしょう。

SanDisk Extreme Pro 512 GB CFast Card Model SDCFSP-512G-A46D

[AERITH BLACK] クリアレンズ ROMEO5 ロメオ5 タイプ レプリカ ドットサイト ダットサイト ブラック 刻印入り 電池付 T
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は箱無し ホットトイズ スーパーマン クリストファー・リーブ

 

 

ダイケン 宅配ボックス ハイツ・アパート向け 1段タイプ (TBX-F1S) (株)ダイケン


11/16 あゆ様