文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Lackmond SPL Series - Wet Cured Concrete Core Drill Bit - 5" Reinforced Con 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

(業務用200セット) プラス 修正テープ ホワイパーエコ 【幅:5mm 交換テープカートリッジ】 ドライ転写タイプ

中央精機 TS-C-1-10-8 C型鏡筒 ツールスコープ 対物1接眼10クロスミクロ3
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はTissot Men's T-Race Stainless Steel Swiss-Quartz Watch with Rubber Strap, Multi, 20 (Model: T0924172705701) 並行輸入品

 

 

レッドステッチストラップ タグ・ホイヤー コネクテッド第3世代


★箱・取説・保証書付き【PANERAI】パネライ ルミノールマリーナ 8DAYS スモールセコンド PAM00563 手巻き メンズ 【2203】 【220602】