文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

磁気浮遊ワイヤレスランプMoonフローティングとSpinning in the Air自由にwithグラデーションWarm andホワイトLEDライト

では、どうすればいいのでしょう。

(新品) VOSTOK | Men's Naval Infantry Amphibian Automatic Self-Winding Russian Dive

ナカバヤシ アバンテV2フロアケース A4×2列 ニューグレー AF-H24ニユ-グレ- 送料無料  代引き不可 送料無料 メーカー直送 期日指定・ギフト包装・注文
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【美品・厳選良書】33冊セット ALL童話館出版ぶっくくらぶ まとめ売り

 

 

Vip Jewelry Co Men's Stainless Steel 316L AAA CZ Masonic Freemason Ring Ban好評販売中


Tiffany ティファニー ビーンズネックレス エルサ・ペレッティー