文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

トリカルネット ami-n-24-620-620-38 38: 大きさ:620mm×38m 切り売り 黒 メッシュ 金網 【送料無料】

では、どうすればいいのでしょう。

古希祝い 70歳 似顔絵 お名前ポエム入り ちゃんちゃんこ作画無料 YURI作

ds-2090010 【長方形額】木製フレーム 角丸仕様・縦横兼用 ■角丸長方形額(890×340mm)ブラウン/セピア (ds2090010)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はダイソン am09 hot cool 2019購入 超超完動良品

 

 

LOEFF コート(その他) メンズ ロエフ 中古 古着


22SS new / GIVENCHY ロゴ Print レザー Bifold カードホルダー